彼氏を作る方法

SNSで彼氏を作る

これ、案外多いです。
というか今の時代もしかしたら主流なのかもしれません。
LINEなどのコミュニケーションアプリのことではなく、Facebook、Twitter、Instagramなどのソーシャル系アプリのことを指します。
私自身はFacebookもInstagramもやっていないのでこの2つのアプリについては仕組みがちょっとわからないのですが、Twitterに関しては友達から友達へとつながることができるアプリになっています。
そのため、紹介してもらうという手間を省略して友達の友達とつながることができるわけです。
実際に交際に発展したのは、Twitter上でユーザー個人がリアルタイムでのラジオ・動画の配信をすることができるアプリ、「ツイキャス」です。
これはあるユーザー(以下Aとします)がキャスをし、視聴者がそのページを開くとAに対してコメントすることができ、そのコメントは視聴者同士が共有できるようになっています。
つまり、Aのラジオ・動画を見てコメントした人が誰かがわかるということです。
ここで、視聴者であるBがAに対してコメントをしたとします。
するとまた別の視聴者であるCは、Bに対してもコメントができるようになっているのです。
つまり、Aの行ったキャスを介してそれぞれAの知り合いであるBとCがつながることができるわけです。
実際にここで意気投合し、互いをTwitter上でフォローして仲良くなり、実際に会ってみてお付き合いを始めたというカップルがいました。

ツイキャスでの出会いの上でのメリットとしてはどちらもAの知り合いであるため仲介が可能であり、また最初のコミュニケーションが対面したものではないため少しずつ相手の様子を見ながら距離を縮めることができるという点です。
しかしデメリットもAの知り合いであることです。
もちろんうまくいけばいいですが、そうではない場合A、B、Cそれぞれの関係が一気に破綻してしまう可能性があります。

また、総じてSNSでの彼氏を作る方法には必ずリスクがあるということも肝に銘じておいてください。
顔の見えない相手であるが故の恐怖、SNSを通じたが故の依存関係(常にそういったメディアで連絡をとっていないといけない、とか)や居場所などが特定できる可能性も含め別れたあとの報復など・・・。

現在はSNSを通じた性犯罪なども横行していますから、十分に気をつけてうまく現代のメディアを利用してください。

同じ趣味で探す

社会人の方も比較的出会いやすい方法ですよね。
何より共通の趣味なので意気投合しやすい。
積極的になるべく人と関われるような形で趣味を満喫しましょう。
インドアな趣味の方は、上記のSNSをうまく利用しつつ外に出てみましょう。
たとえばカフェ。
読書や映画鑑賞などが趣味の方は図書館、映画館だけでなくカフェでその趣味についてアピールするような何かをしてみましょう。
好きなアーティストなどについてブログなどを書いてみる、映画のパンフレットを広げてみる、なども有効な方法です。
共通の趣味の方が必ずその記事を見つけますので、そういった点でSNSを活用してみてもいいですね。
カフェをおすすめするのは、必ず常連さんがいるからという理由です。
自分もどこかのお店の常連になってみましょう。
たとえお付き合いに至らなくても、そこにはいい出会いがあるはずです。

いかがでしたでしょうか。
特にえらい立場でもないのにとても上から目線のような書き方をしてしまいましたが、異性だけでなく対人関係においても同じことが言えるといった要素も少なからずあるかと思いますので、第三者が客観的に見る意見だとして参考にしていただければ幸いです。